• 印刷する

テイクオフ:トゥルシー(英語名ホー…

トゥルシー(英語名ホーリーバジル)は、ヒンズー教徒にとって欠かすことのできないハーブだ。人々に幸運をもたらし、災いを遠ざけると考えられている。インドの伝統医学アーユルベーダではさまざまな病気の治療薬の原料としても用いられる。

トゥルシーはヒンディー語で「比類なきもの」の意味だ。薄緑の葉と黒い小さな花の「ラーマ・トゥルシー」と深緑の葉と紫の花の「クリシュナ・トゥルシー」の2タイプがある。

死者を悼む際には、花弁を浸した水を供えることで、死者を天国に送り届けることができると信じられている。一方、アーユルベーダの薬としては、風邪やせき、頭痛、胃の痛みのほか、心臓病にも効果があるとされる。さらには、感染病をもたらす蚊やばい菌を防ぐ効果があると考えられている。ヒンズー教徒の暮らす地域で多くのトゥルシーが植えられているゆえんだ。(で)


関連国・地域: インド
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:海外に出掛けるため空港…(01/16)

サムスンがインド再攻略へ スマホ新製品投入、小米に対抗(01/16)

18年M&A額が過去最高 1千億ドル突破、今年も動き活発(01/16)

米系金融サービス社、同業など4社買収(01/16)

〔政治スポットライト〕豪州、東京TPP会合で加盟国拡大推進へ(01/16)

マルチスズキ、新型「ワゴンR」の予約開始(01/16)

国内初の全車EVタクシー、首都圏で営業(01/16)

フリップ創立者、配車オラに約100億円出資(01/16)

エティハド航空、ジェットエアに追加出資(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン