テイクオフ:トゥルシー(英語名ホー…

トゥルシー(英語名ホーリーバジル)は、ヒンズー教徒にとって欠かすことのできないハーブだ。人々に幸運をもたらし、災いを遠ざけると考えられている。インドの伝統医学アーユルベーダではさまざまな病気の治療薬の原料としても用いられる。

トゥルシーはヒンディー語で「比類なきもの」の意味だ。薄緑の葉と黒い小さな花の「ラーマ・トゥルシー」と深緑の葉と紫の花の「クリシュナ・トゥルシー」の2タイプがある。

死者を悼む際には、花弁を浸した水を供えることで、死者を天国に送り届けることができると信じられている。一方、アーユルベーダの薬としては、風邪やせき、頭痛、胃の痛みのほか、心臓病にも効果があるとされる。さらには、感染病をもたらす蚊やばい菌を防ぐ効果があると考えられている。ヒンズー教徒の暮らす地域で多くのトゥルシーが植えられているゆえんだ。(で)


関連国・地域: インド
関連業種: 医療・薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アダニ、資金調達でQLD石炭港権益放出へ(18:40)

インド企業、カイン州で小型車組み立てへ(12:45)

テイクオフ:インドのサービス産業が…(05/23)

医薬品輸出が20年に200億ドル 後発薬が好調も品質でリスク(05/23)

タタと東電、発電所の最適化モデル開発へ(05/23)

石炭の供給制限、自家発電企業が抗議(05/23)

巨大市場めぐり競争激化、印進出の日韓企業(05/23)

サムスンの工場拡張、携帯生産に年内着手(05/23)

Rジオ、エストニアに子会社設立へ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン