経済開発推進へ、法案15本を可決

ラオス国民議会(下院)は、2018年の社会経済開発計画(SEDP)と計画達成に必要な法案15本を採択、可決した。国内総生産(GDP)は、現行比7%増の149兆4,710億キープ(約2兆円)にする目標を掲げている。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が20日に伝えた。 10月16日から…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

証券法の改正案、中央銀行が国会に提出(12/09)

村の収支計画は上級政府の承認を=財務省(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

ビッグC、店舗増設などに来年は230億円(12/06)

ベトナム人のタイ旅行、代理店とSNS活用(12/06)

気候リスク指数で日本ワースト、比が2位(12/06)

メコン川が青色に、水位低下が原因か(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン