経済開発推進へ、法案15本を可決

ラオス国民議会(下院)は、2018年の社会経済開発計画(SEDP)と計画達成に必要な法案15本を採択、可決した。国内総生産(GDP)は、現行比7%増の149兆4,710億キープ(約2兆円)にする目標を掲げている。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が20日に伝えた。 10月16日から…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インド・米国、ラオスに医療機器など供与(08/13)

デング熱脅威続く、今年は4455件の感染確認(08/12)

入国のファストトラック導入、中越と検討へ(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

世帯支出額、18~19年は263万キープに上昇(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン