狂犬病、絶滅宣言の首都で再発のリスク

2004年に狂犬病絶滅が宣言されたインドネシアの首都ジャカルタで、この伝染病が再び発生するリスクが高まっている。10日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 ジャカルタ動物救済ネットワーク(JAAN)が14年から実施している調査で、無許可の犬肉販売業者5社が、狂犬病の汚染地域で…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

低インフレ率、消費減退が一因に=中銀(17:41)

新首都開発、建設作業員20万人不足見通し(17:30)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午)(15:37)

抗菌消臭剤の販売開始へ 高橋練染、ヒジャブ女性などに(02/28)

オリコが自動車ローン会社買収、中古車強化(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

EV以外は新首都に進入禁止へ、調整相(02/28)

ルノー、トライバーの輸入開始は3月中旬(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン