• 印刷する

製薬ルピン、国内2工場に米当局から警告書

インドの製薬大手ルピンは、南部ゴア州など国内2カ所の医薬品工場に関して、米食品医薬品局(USFDA)から今月7日に警告書を受け取ったと明らかにした。

警告を受けた工場は、ゴア工場と中部マディヤプラデシュ州インドール近郊のピタンプール工場。ルピンによると、USFDAはこれら2カ所の工場について、それぞれ4月と5月に問題点を指摘。ルピンはすべてに対処したとしていたが、USFDAがその対応を不十分と判断したため、今回の警告に至った。ルピンは警告を受けて、「できる限り早期の問題解決に向けて、USFDAと協力して取り組んでいく」とコメントしている。

今回の警告による既存製品の供給への影響はないが、新製品の承認には遅れが生じる見通しだ。


関連国・地域: インド米国
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

封鎖と支援、苦渋のコロナ対策 回復には経済再開=識者に聞く(08/14)

商用車アショク、1Qは39億ルピーの赤字(08/14)

港湾アダニ、シンガポール新会社を設立(08/14)

エアインディア、欧州の就航先を半減へ(08/14)

米産業ガス大手、石炭ガス化で百億ドル投資も(08/14)

ペトロネット、一部契約に不可抗力条項発動(08/14)

鉄鋼JSW、米国工場への設備投資を縮小(08/14)

ウルトラテック、150億ルピーの投資を計画(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン