【製造業の未来】知財が「製造強国」の鍵に 中国が描く未来、日本も参画機会

長らく模倣品大国と言われてきた中国は近年、知的財産重視の姿勢を強化している。「製造大国」から「製造強国」に変わるための振興戦略「中国製造2025」でも、知財の活用によるイノベーション能力の向上を重要戦略のひとつに位置付けた。中国語で「創新」と表現されるイノベーショ…

関連国・地域: 中国-全国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本ASEAN
関連業種: 電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾で放送されている日…(09/30)

ANAの成田―プノンペン線、11月も運休(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

8月のメーカー別車輸出、10社中7社が減(09/30)

日本企業に地方政府が熱視線 博覧会開催、各地にモデル区(09/30)

「日本からの入国、家隔離可」 豪首相が規制緩和で発言(09/30)

タイの仕向け地別の車輸出台数(20年8月)(09/30)

NEC現法、官公庁向け大型案件に意欲(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン