【製造業の未来】知財が「製造強国」の鍵に 中国が描く未来、日本も参画機会

長らく模倣品大国と言われてきた中国は近年、知的財産重視の姿勢を強化している。「製造大国」から「製造強国」に変わるための振興戦略「中国製造2025」でも、知財の活用によるイノベーション能力の向上を重要戦略のひとつに位置付けた。中国語で「創新」と表現されるイノベーショ…

関連国・地域: 中国-全国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本ASEAN
関連業種: 電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

神鋼環境、浄水設備普及で工業省と覚書締結(03/04)

ニプロ、透析治療の普及支援 近く研修拠点設置、販売も強化(03/04)

中小製造業のIoT活用支援 AOTS、人材育成を本格始動(03/04)

2月の新車販売2.7万台に 前年比微減、春節のずれ影響(03/04)

BMWが独禁法違反改善策、販売店に不当ノルマ(03/04)

ニプロ、潜在性見据え増産へ 人工腎臓の月産能力を2倍に拡大(03/04)

西ジャワ新港、本格運営は先 先行開業も道路インフラ課題(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン