【製造業の未来】知財が「製造強国」の鍵に 中国が描く未来、日本も参画機会

長らく模倣品大国と言われてきた中国は近年、知的財産重視の姿勢を強化している。「製造大国」から「製造強国」に変わるための振興戦略「中国製造2025」でも、知財の活用によるイノベーション能力の向上を重要戦略のひとつに位置付けた。中国語で「創新」と表現されるイノベーショ…

関連国・地域: 中国-全国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本ASEAN
関連業種: 電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

多言語翻訳「Kotozna」、ホテルで試験導入(17:40)

(表)新型コロナウイルス感染者数(17日)(01/18)

テイクオフ:ふわりと足を包み込むよ…(01/18)

テイクオフ:東部にあるチャンギ・チ…(01/18)

【現場で語る2022年】製造の要衝、重要性変わらず 住商、スマート都市開発も始動(01/18)

テイクオフ:日本に一時帰国してあら…(01/18)

輸出専用日本酒で香港に挑む 免許1号、福島の焼酎メーカー(01/18)

次世代電池の国産化に本腰 EV部品向け投資加速(上)(01/18)

EV優遇策相次ぐ、日本車の牙城切り崩しも(01/18)

フジテック、昇降機製造の新施設を今春稼働(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン