【製造業の未来】中国に食い込むドイツ “世界の工場”の地殻変動に商機

第4次産業革命「インダストリー4.0」構想を推進するドイツがその実践化を狙うのは、“世界の工場”の中国とされる。自動車の生産でも世界一となった中国では電気自動車(EV)やモノのインターネット(IoT)の普及が急速に進み、ものづくりの地殻変動が起こりつつある。ここに…

関連国・地域: 中国-全国香港台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本欧州
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信電機鉄鋼・金属製造一般政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:赤道直下のシンガポール…(01/24)

米が緊急輸入制限、太陽電池と大型洗濯機(01/24)

オートバックスが240店体制へ 給油所2位と連携、海外に本腰(01/24)

17年の訪韓外国人数22.7%減 THAADが東南アジア圏に影響(01/24)

上位1%が富の82%独占、国際NGOが報告(01/24)

ブラザー、2月に新商品発売 プリンターなど法人向け販売強化(01/24)

日本車がドイツ勢を追い上げ シェア拡大、17年販売11%増(01/24)

ユニクロ、東南アジア初のロードサイド店(01/24)

仮想通貨ロイヤルコイン、東京オフィス開設(01/24)

配車アプリ充実で集客、ライドシェア解禁備え(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン