リンガーハットが進出、日本の味広げる

外食チェーン大手のリンガーハットは8日、カンボジアの首都プノンペンに1号店を開業した。海外展開は6カ国目。日本から輸入しためんとスープで日本の味を完全に再現。旺盛な外食需要を取り込み、月商400万~450万円を目指す。2018年夏にも2号店をオープンさせるほか、東南アジ…

関連国・地域: 香港台湾タイベトナムカンボジアインドネシアフィリピン日本ASEAN
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

到着後の隔離長期化も、大使館が注意喚起(14:12)

シエムレアプの一部地区、ロックダウン(04/19)

イオンモールの営業を一時停止、都市封鎖で(04/19)

プノンペン全域都市封鎖、15日から28日まで(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン