• 印刷する

《知財》商業省、中国と商標権保護で覚書

カンボジア商業省は6日、企業やブランドなどの商標権の保護に向けて中国と覚書を交わした。両国での商標権登録などをスムーズにする狙い。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

中国が技術協力し、商標権を管理する人材を育成するほか、市場に出回る模造品の判別方法などについても知見を深める。

知的財産の制度作りや人材育成に関しては、日本もカンボジアを支援している。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

衣料品の在庫販売ショーイチ、3号店を開設(08/23)

首都港のコンテナ取扱量、1~7月は30%増(08/23)

パブリック銀行、公共サービスの手数料徴収(08/23)

リネットジャパン、中古車販売事業が好調(08/22)

南部国道、渋滞と豪雨被害で輸送に悪影響(08/22)

新興料理宅配サービス、ブータンに進出(08/22)

オンラインギャンブル、ライセンス発行中止(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン