• 印刷する

《知財》商業省、中国と商標権保護で覚書

カンボジア商業省は6日、企業やブランドなどの商標権の保護に向けて中国と覚書を交わした。両国での商標権登録などをスムーズにする狙い。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

中国が技術協力し、商標権を管理する人材を育成するほか、市場に出回る模造品の判別方法などについても知見を深める。

知的財産の制度作りや人材育成に関しては、日本もカンボジアを支援している。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国時の待機期間短縮、タイなどはなし(00:21)

米フォード組立工場、地場RAMが来年稼働(09/17)

22年最賃協議開始、雇用側は引き下げ提案(09/17)

6~11歳へのワクチン接種、17日開始へ(09/17)

【カンボジア経済通信】フィンテックやオンライン医療が進展 第373回(09/17)

デジタル化促進で協力模索、タイ政府と協議(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン