首都圏の日本食店が初の減少 地方は千店突破、全国で2%増

日本貿易振興機構(ジェトロ)バンコク事務所は5日、2017年度のバンコク首都圏の日本食レストラン数が前年度比0.8%減の1,739店だったと発表した。09年の調査開始以降で初めて減少した。タイ全体では2.2%増の2,774店となり、2年連続で1桁成長にとどまった。地方は初めて1,000店…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昨年来バンコクでは子連…(07/15)

飛騨牛革や靴、越売り込みへ 日本の中小、拡大する市場に挑戦(07/15)

日系リユース店がタイで盛況 低価格・高品質、廃棄減に貢献も(07/15)

無印良品、サムヤンミットタウンに出店へ(07/15)

全日空、バンコク―東京線が就航30周年(07/15)

ASUSのゲーミングPC、東南アで首位(07/15)

ピンク線の工事進捗率33%、21年10月開通へ(07/15)

路線バスBMTA、5千人削減は3年で実施(07/15)

グラブ、南部トラン県で配車サービス開始(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン