• 印刷する

【アジアに行くならこれを読め!】『僕が殺した人と僕を殺した人』

■『僕が殺した人と僕を殺した人』

三日月のような形をした赤い木片「ポエ」を投げ、神様に伺いを立てる——。台湾の廟でよく見かける光景だが、人々はどのような思いを胸に秘め、ポエを熱心に投げるのだろうか。今回紹介するこの青春ミステリー小説では、13歳の少年たちがポエによって絆を強め、とある恐ろしい計画について関帝に伺いを立てるシーンが登場する。

1984年、台北。兄を亡くしたユン、牛肉麺屋のアガン、けんかっぱやく正義感の強いジェイの13歳の少年3人は友情を育み、計画を決行しようとする。それから約30年後、国際弁護士である「わたし」は、アメリカで連続殺人事件を起こした、少年時代の友人を訪れに行く。友人はなぜ猟奇的な事件を起こしたのか。ノスタルジー豊かに、少年たちの心の機微が繊細に描かれる。

著者の東山彰良氏は台湾の出身で、本書の主な登場人物は2015年に直木賞を受賞した小説『流』と同様に外省人(第二次世界大戦後に中国大陸から台湾に移り住んできた人々)の子どもたちだ。「ポエ占い」といった台湾の風俗や、怪しい雰囲気に満ちた華西街、今は既に取り壊されている商業ビル「中華商城」など街の様子がリアルで、これらの情景描写も楽しめる。

───────────────

『僕が殺した人と僕を殺した人』

東山彰良 文藝春秋

2017年5月発行 1,600円+税

───────────────

龍山寺の線香の煙が西方浄土へ立ちのぼっていくのだとすれば、蛇たちの生臭さは地獄から立ちのぼってくるかのようだった。(本書より)

───────────────

東山彰良(ひがしやま・あきら)

1968年台湾生まれ。5歳まで台北で過ごした後、9歳の時に日本に移る。福岡県在住。西南学院大学経済学部を卒業後、エアーニッポン勤務を経て同大学大学院、中国・吉林大学に学ぶ。警察や入国管理局の中国語通訳、大学非常勤講師などをしつつ、2002年に『タード・オン・ザ・ラン』で「このミステリーがすごい!」大賞銀賞と読者賞に選ばれる。15年、『流』で第153回直木三十五賞受賞。

※特集「アジアに行くならこれを読め!」は、アジア経済を観るNNAの新媒体「NNAカンパサール」2017年8月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/18)

月末まで入国禁止延長 変異種対策、35カ国・地域に拡大(01/18)

日系昇給率、21年は3.8% コロナ禍で鈍化=NNA調査(01/18)

【書籍ランキング】12月31日~1月6日(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

全豪テニス移動便で感染発覚 錦織選手ら隔離、東京五輪に影響?(01/18)

制限令下で車製造可能、貿産省がリスト更新(01/18)

欧州「メルケル後」注視、秋に16年ぶり独首相交代(01/18)

無印良品が撤退へ、5月までに全店閉鎖(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン