中東からガソリン直接輸入を検討、エネ省

ミャンマー電力・エネルギー省は、中東の業者との直接取引によるガソリン輸入量を増やす方向で検討している。現在はシンガポールの業者を介するなどしているが、直接輸送でコスト削減につなげる。政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが23日伝えた。 ミャン…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ムセで発熱の2人、新型肺炎の感染はなし(11:56)

新型肺炎、日系企業に打撃 武漢・華東で休業延長も視野(01/29)

新型肺炎の拡大を警戒、中国国境で検疫強化(01/29)

新型肺炎、アセアン株に余波(01/29)

EUが声明、ラカイン問題への対応を要請(01/29)

ラカイン州の国内難民10万人以上=NPO(01/29)

中国の対ミャンマー姿勢に変化=丸山大使(01/29)

ヤンゴン新都市開発、中国と基本合意を締結(01/29)

電化計画、第2期で2579村を送電網に接続へ(01/29)

総選挙、元大統領は活発に選挙活動する方針(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン