【香港新成長】外資にも求められる役割 粤港澳大湾区構想、計画始動へ

【粤港澳大湾区編】 香港政府が「一帯一路」と並んで大きな商機と捉えているのは、広東省と香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」だ。今年になって大湾区構想が中国の国家経済戦略に組み入れられ、年内にもインフラ事業を含む具体的な計画案が打ち出される見通し…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス建設・不動産運輸・倉庫観光・娯楽社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

IFC、不良債権処理支援に2.5億ドル(12:48)

テイクオフ:香港を訪れる知人に、ど…(01/22)

株式活況が住宅相場押し上げ 今年値上がり加速か(01/22)

住宅バブルに警戒を、HKMA総裁(01/22)

超狭小物件の居住者、20万人を突破(01/22)

香港のオフィス賃料、12月は0.3%上昇(01/22)

続伸、連日の最高値更新=香港株式(01/22)

マカオが仮想通貨ハブ化か、中国の需要で(01/22)

企業のM&A規定修正案で意見公募、SFC(01/22)

中国の環境規制、香港3千社が操業停止も(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン