テイクオフ:イスラム教の断食月(ラ…

イスラム教の断食月(ラマダン)に行った善行は、平時に比べ功徳が700倍になるとされていることから、この時期は小巡礼(ウムロ)が盛んだ。巡礼から戻った知人が土産にとくれたのは、聖地メッカのモスク「マスジッド・ハラム」にあるザムザムの泉から湧き出る聖水。飲めばどんな病も治り、あらゆる願いがかなうのだとか。

販売目的で国外へ持ち出すことは禁じられており、メッカはイスラム教徒のみが立ち入れる聖域であるため、入手は困難。もったいない気がして、しまいこんでいたが、先日ついに思い切って口をつけた。

教えられた通り、メッカの方角を向き3度に分けて小瓶の水を飲み干す。見た目や味は普通の水と何ら変わりないが、そのありがたみからか、どこか心に染み渡る感覚すら覚える。700倍のご利益に期待するとともに、異教徒には閉ざされた聖域に興味が募った。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タックスアローワンス、300業種に拡大へ(06/22)

ユニリーバ現地法人がスプレッド事業売却(06/22)

フリーポート株の買収額、50億ドル以下に(06/22)

統一地方選、27日に投票 野党が統一候補、大統領選占う(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

大統領選、現職はジャワ島で高支持率(06/22)

《インドネシア・ビジネス・セミナー》2019年大統領選とビジネス環境(06/22)

電気自動車の型式検査施設、官民協業で建設(06/22)

スマレコン、マカッサルに新興都市開発(06/22)

DIC、有機顔料の研究開発拠点を設置(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン