日本食研が台湾に調味料工場 19年4月完成、日本食人気に対応

食品大手の日本食研ホールディングス(愛媛県今治市)は、同社にとって台湾初の生産拠点となる調味料工場を嘉義県に建設する。2018年5月に着工し、19年4月の完工を目指す。投資額は7億台湾元(約25億6,000万円)、年産額は1億元を見込む。同社の海外工場としては中国、米国、タ…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:出生率5.8なんて聞く…(01/27)

大手各社が防疫措置強化 域内感染拡大で、分散勤務など(01/27)

NECが地震観測システム納入、過去最大(01/27)

セキ格が同業の聯測を買収へ、生産能力増強(01/27)

華新科技が再びLTCC値上げ、5割以上か(01/27)

倚強が中国2社株取得、検査設備強化へ(01/27)

葡萄王が21年に3割増収も、統一販路を駆使(01/27)

上銀傘下2社、3Qまで受注いっぱい(01/27)

州巧科技、中国でのテレビ向け事業から撤退(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン