日本食研が台湾に調味料工場 19年4月完成、日本食人気に対応

食品大手の日本食研ホールディングス(愛媛県今治市)は、同社にとって台湾初の生産拠点となる調味料工場を嘉義県に建設する。2018年5月に着工し、19年4月の完工を目指す。投資額は7億台湾元(約25億6,000万円)、年産額は1億元を見込む。同社の海外工場としては中国、米国、タ…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、30日は4万3280人(09/30)

10月13日から入境検疫免除 入境上限15万人、団体旅行も解禁(09/30)

新型コロナの域内感染者、29日は4万4665人(09/30)

モデルナ2価ワクチン、60.5万回分が到着(09/30)

22年の半導体ファブ装置投資、台湾が首位か(09/30)

鴻海、メキシコ工場に3.6億米ドル間接投資(09/30)

車載用IC、26年に全体の9.9%に(09/30)

経済部、地熱資源のプラットフォーム設置へ(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン