国連の持続開発、日本語版企業事例が発刊

国際連合が2030年までに目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向け、企業の取り組みを紹介した日本語版事例集がこのほど刊行された。SDGsへの取り組みが投資判断の基準となるケースが増えているが、日本企業はSDGsをCSR(企業の社会的責任)活動の一環としか考えず、ビジネス機会と捉える動きはまだ鈍いようだ。発刊を記念したシンポジウムがこのほど、東京都内で開催され、こうした課題や企業の活動事例が紹介された。

Thumb 20170315 jpy sdgs pic w

SDGsの取り組みが紹介されたシンポジウム=東京(NNA撮影)

SDGsは、01年に策定された「ミレニアム開発目標(MDGs)」の後継とされる。格差や人権、自然環境といった地球的な課題に対して、発展途上国のみならず先進国や企業が取り組むもので、15年9月に国連で採択された。今回発刊されたSDGsの手引き書とも言える事例集は、「SDGインダストリー・マトリックス」と名付けられ、日本や世界各国の企業の取り組みが紹介されている。

■「SDGs、経営からの取り組みを」

持続可能な開発を目指す企業・団体が加盟する一般社団法人、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)の有馬利男代表理事は10日に開催されたシンポジウムで、「日本企業の決算報告でESG(環境、社会、ガバナンス)が話題に上がり、企業も持続可能な社会・環境を意識しつつある。しかし、CSRの部署の取り組みという認識が根強く、経営企画や営業部での認知度はまだまだ低い。各社はライバル企業との価格競争を強いられる中で、持続成長と両立できるのか。SDGsを経営の観点から捉えるべきだ」と訴えた。

Thumb 20170315 jpy sdgs 02

富士ゼロックス元社長でもある有馬氏は、SDGsなど持続可能な開発に関する取り組みを行う国連グローバル・コンパクト(UNGC)のボードメンバーを兼ねる。国連グローバル・コンパクトには世界中の企業・団体1万3,000以上が参加。人権、労働、環境、腐敗防止の4分野を軸に活動している。この日本組織であるGCNJには今年2月時点で、241企業・団体が加盟している。

■印スズキは現地調達、インベブは有害アルコール低減

SDGsには貧困削減や製造・消費の責任、衛生など17項目の目標がある。KPMGあずさサステナビリティの渡辺敦子氏は、SDGインダストリー・マトリックスに掲載された各社の事例を紹介。「自社の事業で関われそうなところから目標を決めて取り組めば良い」と語った。

ビールのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は25年までに全市場でアルコールの有害な利用を10%低減する目標を掲げる。このほか、販売するビールの20%を低アルコールまたはノンアルコールにするといい、アルコールがもたらす害悪を低減しようとしている。

同業のハイネケンは農村支援を目的に、20年までに農業原料の60%を現地で調達する目標を掲げる。SDGsのスキームを通じて、同業との横のつながりが高まるメリットもあると、渡辺氏は指摘する。

自動車業界は、温室効果ガスの削減以外にもSDGsに関われる。インド自動車最大手マルチ・スズキは、金額ベースで78%の部品を同社から100キロ圏内で調達。現地調達率向上によって、貧困レベルの高い地域で雇用を創出し、現地サプライヤーの能力開発に寄与するという。

インテルはシリコンウエハーの洗浄に大量の水を使うため1998年以降、同社の節水事業に2億2,000万米ドル(約253億円)を投資し、480億ガロン(約1,824億リットル)を節水した。このように、SDGsが策定された2015年以前の取り組みについても、企業のSDGsの取り組みとして発表しても構わない。

SDGインダストリー・マトリックスの日本語版は以下のウェブサイトからダウンロードできる。現時点では「食品・飲料・消費財」「製造業」「気候変動対策」「金融サービス」の4分野の事例が紹介されている。

http://www.ungcjn.org/activities/topics/detail.php?id=204

シンポジウムは国連広報センターとKPMGあずさサステナビリティなどが主催し、約260人が参加した。企業の取り組み事例として衛生用品のサラヤのほか、MS&ADインシュアランスグループ、LIXIL(リクシル)、旭化成の4社が発表した。

<関連ウェブサイト>

・シンポジウムのプレゼン資料(4社の取り組みを含む)

http://ungcjn.org/activities/topics/detail.php?id=205

・GCNJ加盟の日本企業のリスト

http://ungcjn.org/gcjn/state/index.html

・SDGsの17項目と詳細について

http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/sdg/post-2015-development-agenda/goal-17.html


関連国・地域: 日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車食品・飲料製造一般電力・ガス・水道社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪政府、石炭技術で日本との技術提携模索(16:54)

オーストラリアのターンブル政権は28日までに、連邦政府のクリーンエネルギー金融公庫(CEFC)の資金を…

続きを読む

三菱商事、20年めどに総合病院開設(21:05)

三菱商事は28日、2020年をめどに最大都市ヤンゴンに総合病院を開設すると発表した。総事業費は約100億円で、…

続きを読む

八十二銀、ICICI銀と業務提携(20:51)

八十二銀行(長野市)は27日、インドの民間銀大手ICICI銀行との業務提携を発表した。口座開設や現地通…

続きを読む

ラオスで日本米を本格生産へ 日系が来年出荷目標、政府も協力(03/28)

ラオスで本格的な日本米の生産プロジェクトが動き出す。ラオスの日系企業ラオ・アロニーが現地政府の協力を…

続きを読む

【アジアで会う】スジーワさん アジア野球連盟所属国際審判員 第144回 野球の神様に導かれて(日本)(03/28)

スジーワ・ウィジャヤナーヤカ 1983年7月、スリランカ西部ガンパハ生まれ。立命館アジア太平洋大学(大分…

続きを読む

本田選手と運営、裾野広げる サッカー教室のアジア戦略(下)(03/28)

サッカー日本代表の本田圭佑選手のマネジメントやサッカースクール事業を手掛けるホンダエスティーロ(大阪…

続きを読む

KPMG、日系取り込み強化 ジャパンデスクをお披露目(03/28)

大手会計事務所KPMGは、フィリピンで日系企業の顧客取り込みを強化している。安倍晋三首相が1月のフィ…

続きを読む

三菱とアヤラ、ヤンゴンで水道試験事業完了(03/28)

三菱商事とフィリピンの財閥アヤラ傘下の水道事業会社マニラ・ウオーターは27日、ヤンゴン市内で行っていた…

続きを読む

【日本の税務】従業員持株制度の配当・奨励金(03/28)

第224回 又野さん:こんにちは、みらい先生。今日はみらい先生に教えて頂きたいことがあり、ご連絡を致しま…

続きを読む

日系部品メーカー、提携を模索 アフター市場での競争力を強化(03/28)

インドの首都ニューデリーで先週、インド自動車部品製造協会(ACMA)による見本市が開催され、複数の日…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン