【転換期インドの攻略法】第5回 インド経済成長の転換点

■成長の新たなけん引役が求められている インド経済は、マクロでみれば成長率が減退している。しかし、これに対して内需は堅調であり、マクロの数字だけでは景況感は判断しきれない、といった見方もある。確かに、インドは平均で見れば一人当たり国内総生産(GDP)が1,500米ド…

関連国・地域: インド日本米国
関連業種: 電機農林・水産その他製造金融IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:南はいい。例えばベンガ…(02/20)

鉄鋼業界、大手3社が赤字 価格下落が影響(02/20)

英GFG、インドの鉄鋼2社を買収(02/20)

英JLR、新型肺炎で工場閉鎖の可能性(02/20)

アップル製品、新型肺炎で早くも品薄に(02/20)

インド向け農水産物輸出、中国代替で拡大へ(02/20)

LED電球の値上げも、新型肺炎の影響で(02/20)

経済特区の本年度輸出額、1千億ドルに到達(02/20)

新興企業の雇用創出規模、19年は約260万人(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン