• 印刷する

カウントダウン、今年はキャンドルで追悼

タイ政府は26日、今年末のカウントダウンにプミポン前国王の追悼イベント「キャンドル・ライト・オブ・サイアム」を全国で実施すると発表した。服喪期間中の開催で、例年実施している花火などの派手な演出は控える。

イベントは王宮前広場のほか、バンコクのラチャプラソン交差点や商業施設、各県で31日の午後9時から開始する。新年を迎えた午前0時に鐘が9回鳴らされた後、参加者全員で追悼、新年の歌を合唱し、同0時9分からキャンドルの点灯を開始する。

主要会場となる王宮前広場には10万人が集まる見通し。タイ国政府観光庁(TAT)は「外国人旅行者の参加も歓迎する」としている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の国境輸出0.8%減 ゴム下落、通年でも低調の見通し(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

三重県知事、かんきつの輸入規制緩和を要請(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

塗料イーソン、自動車組み立て新会社に出資(11/16)

PTT、冷蔵施設開発を取締役会で協議へ(11/16)

ロジャナ、不動産開発の新会社2社設立(11/16)

不動産チワタイ、毎年8件以上に着手方針(11/16)

カイディー、不動産売買サイト立ち上げ(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン