• 印刷する

カウントダウン、今年はキャンドルで追悼

タイ政府は26日、今年末のカウントダウンにプミポン前国王の追悼イベント「キャンドル・ライト・オブ・サイアム」を全国で実施すると発表した。服喪期間中の開催で、例年実施している花火などの派手な演出は控える。

イベントは王宮前広場のほか、バンコクのラチャプラソン交差点や商業施設、各県で31日の午後9時から開始する。新年を迎えた午前0時に鐘が9回鳴らされた後、参加者全員で追悼、新年の歌を合唱し、同0時9分からキャンドルの点灯を開始する。

主要会場となる王宮前広場には10万人が集まる見通し。タイ国政府観光庁(TAT)は「外国人旅行者の参加も歓迎する」としている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

都心オフィス賃料、上昇続く 新規2軒の完成が23年にずれ込み(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

バンコク郊外の「森の街」、事業費4割増額(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

土地・建物税、1回目の支払い期限を延長(12/13)

エキスポの受注台数、15%減の3.7万台(12/13)

ドンムアン免税店、キングパワー1社が応札(12/13)

パープルライン、3カ月限定で終日値下げ(12/13)

三菱日立PS、タイ向けにガスタービン出荷(12/13)

テスコのタイ事業、PTTは買収に関心なし(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン