• 印刷する

カウントダウン、今年はキャンドルで追悼

タイ政府は26日、今年末のカウントダウンにプミポン前国王の追悼イベント「キャンドル・ライト・オブ・サイアム」を全国で実施すると発表した。服喪期間中の開催で、例年実施している花火などの派手な演出は控える。

イベントは王宮前広場のほか、バンコクのラチャプラソン交差点や商業施設、各県で31日の午後9時から開始する。新年を迎えた午前0時に鐘が9回鳴らされた後、参加者全員で追悼、新年の歌を合唱し、同0時9分からキャンドルの点灯を開始する。

主要会場となる王宮前広場には10万人が集まる見通し。タイ国政府観光庁(TAT)は「外国人旅行者の参加も歓迎する」としている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ人が大学の卒業式に…(09/24)

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

8月の輸出7%増、貿易摩擦の影響は限定的(09/24)

輸入セメントの緊急制限も 5年で急増、越中泰3カ国で(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

ニコン、バンコクに体験型ショールーム開設(09/24)

ビューソニック、プロジェクター3製品拡販(09/24)

フォードに賠償命令、集団訴訟で初判決(09/24)

8月の二輪登録台数、6%増の15.7万台(09/24)

物流ワイス、中ASEANの越境輸送を強化(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン