• 印刷する

BPO拠点ランク、マニラが世界3位に上昇

米系投資顧問会社ソロンズがこのほど発表した「2013年度版ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)事業拠点ランキング」で、マニラ首都圏とセブ市がそれぞれ3位と8位にランクされ、いずれも昨年の調査から順位を1ランク上げた。国内からはこのほか、ダバオ(70位)、ラグナ州サンタロサ(84位)、イロイロ(93位)、バコロド(94位)、バギオ(99位)の5市が100位以内にランクされた。バギオ市は初のランク入り。

ソロンズは、「フィリピンはマレーシアやインドネシアと並んで、東南アジアで最も有望な拠点のひとつ」と指摘。マニラ首都圏やセブ市について、「海外からの新規投資に支えられ、IT・BPO産業が非常に活気のある状況が続いている」と説明している。

ABS―CBNによると、フィリピン・ビジネス・プロセッシング協会(BPAP)のヘルナンデス会長は、今年の国内BPO産業の売上高は160億米ドル(約1兆4,565億円)となり、従業員数は92万6,000人規模に拡大すると見込んでおり、2016年までの目標である売上高250億米ドル、正社員130万人の達成に向けて、視界は良好とする見解を示している。

全体のランクでは、バンガロールが首位、ムンバイが2位。4位以下はデリー、チェンナイ、ハイデラバード、プネと続き、上位7位中6つをインドの都市が占めた。


関連国・地域: フィリピンインド米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2630人、計29万9361人(09/25)

外出制限、一段の緩和に壁 マニラ首都圏、来月1日以降(09/25)

イロイロ市の外出制限、再び厳格化(09/25)

コロナ感染新たに2180人、計29万6755人(09/25)

民放ABS―CBN、ロペス名誉会長辞任(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

シェル、マランパヤガス田の権益45%売却へ(09/25)

経済区庁、登録企業の85%が事業再開(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン