国内の地熱発電量、来年には世界2位に到達か

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、国内の地熱発電量を来年38万5,000キロワット上乗せすることで、世界第2位になるとの見通しを示した。ジャカルタ・グローブが27日に伝えた。 エネ鉱省地熱発電局のユーナス局長によると、年内に地熱発電量を13万キロワット、来年中に25万…

関連国・地域: インドネシアフィリピン米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ヴァーレ、3Qのニッケルマット生産7%減(21:17)

テイクオフ:急にお金が必要になった…(10/21)

首都をレベル2に引き下げ 物流運転手、抗原検査14日間有効(10/21)

家族向けサービスアパート、首都郊外に開業(10/21)

大統領、コモディティー輸出規制強化を検討(10/21)

大手トップ、ウィズコロナへ海外活動再開(10/21)

コロナ対策予算、8%を他用途に振り分け(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン