トミナガ、ラオスで生産拡大 ユニホーム受注増で新工場も検討

ユニホーム生産・販売のトミナガ(名古屋市)がラオス事業を拡大させている。首都ビエンチャン市内の自社工場で、2012年から工場の作業着や飲食店のコックコートなどを生産しているが、従来主力だった日本向けに加え、展示会出展などを通じて日系企業が集積するタイからの受注も増…

関連国・地域: タイラオス日本
関連業種: 繊維小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス航空、ビエンチャンーハノイ路線再開(07/17)

北部県で洪水被害、労働省が緊急支援(07/16)

両替事業の新規制、観光業のみ営業許可(07/15)

北東部州、ラオスとの国境ゲート設置検討(07/15)

東方航空の日本便増を認可、東京―西安(07/15)

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

中部サイソムブン、観光開発で地場社と合意(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン