食品関連の被害増加、提訴率は低下=CFS

香港政府食物環境衛生署食物安全センター(CFS)によると、食品に関する被害を訴えるケースは今年1~8月に3,689件となった。このままのペースで推移すれば、通年では前年に比べ約1割増える計算。ただ、1~8月に食品販売業者が提訴されたのはこのうち96件で、比率は2.6%に…

関連国・地域: 香港
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

隔離廃止で輸出振興に光明も 落ち込み続く、8月は14%減(09/27)

新たに4034人感染、前日から137人増(09/27)

隔離廃止は逆風、飲食業界が懸念(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

キャセイ、地上職を1000人増員へ(09/27)

経済正常化へ準備加速を、財政長官(09/27)

米商議所、会員継続8割強にとどまる(09/27)

続落、ハンセン指数は0.4%安=香港株式(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン