• 印刷する

カルビー、10月からスナック菓子販売を開始

カルビーは10月上旬から、インドネシアでスナック菓子の販売を本格的に開始する。8月にポテトチップスの生産を始めており、近代小売店(モダントレード)を中心に販売する。

現地合弁会社カルビー・ウィングス・フードが先ごろ投入した商品のブランド名は「ポタビー(Potabee)」。ビーフBBQ味とやきのり味の2種類。容量は小袋(15グラム)、中袋(35グラム)大袋(68グラム)の3種で、店頭想定価格は大袋で70~80円に設定した。

ミニマートやスーパー、ハイパーマーケットといったモダントレードのほか、個人商店などの伝統的小売店(トラディショナルトレード)でも販売する。

カルビー・ウィングス・フードは2013年設立。カルビーと伊藤忠商事が出資する特別目的会社(SPC)と、現地の複合企業ウイングス・グループ傘下のミトラジャヤ・エカプラナが折半出資する。SPCにはカルビーが92.4%、伊藤忠商事が7.6%を出資する。

カルビーがインドネシアで発売した「ポタビー」(NNA撮影)

カルビーがインドネシアで発売した「ポタビー」(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

石炭大手アダロ、東南アで発電所買収を計画(16:14)

エネ鉱省、増産に消極的と国営石油を批判(15:43)

園芸産品の輸出に注力、大きな潜在性と政府(15:27)

ベンツ、19年半ばに電気自動車を発売へ(16:19)

テイクオフ:インドネシアの友人は思…(09/25)

QRコード決済の普及進む 仮想店舗、自販機サービス続々(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

三井物産の奨学生、日本留学向け壮行会(09/25)

日系企業関与のジャワ第1発電所、12月着工(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン