カルビー、10月からスナック菓子販売を開始

カルビーは10月上旬から、インドネシアでスナック菓子の販売を本格的に開始する。8月にポテトチップスの生産を始めており、近代小売店(モダントレード)を中心に販売する。

現地合弁会社カルビー・ウィングス・フードが先ごろ投入した商品のブランド名は「ポタビー(Potabee)」。ビーフBBQ味とやきのり味の2種類。容量は小袋(15グラム)、中袋(35グラム)大袋(68グラム)の3種で、店頭想定価格は大袋で70~80円に設定した。

ミニマートやスーパー、ハイパーマーケットといったモダントレードのほか、個人商店などの伝統的小売店(トラディショナルトレード)でも販売する。

カルビー・ウィングス・フードは2013年設立。カルビーと伊藤忠商事が出資する特別目的会社(SPC)と、現地の複合企業ウイングス・グループ傘下のミトラジャヤ・エカプラナが折半出資する。SPCにはカルビーが92.4%、伊藤忠商事が7.6%を出資する。

カルビーがインドネシアで発売した「ポタビー」(NNA撮影)

カルビーがインドネシアで発売した「ポタビー」(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジアでタクシー小…(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

1~6月の新車輸出は3%減 ガイキンド、越規制じわり影響(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

大和ハウス、海外最大の都市開発事業が始動(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

アジア大会期間中、高速道路19区間を閉鎖(07/23)

ガルーダ航空、ロンドン直行便の廃止を検討(07/23)

辺境地への航空輸送事業、来年度予算増額へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン