• 印刷する

カルビー、10月からスナック菓子販売を開始

カルビーは10月上旬から、インドネシアでスナック菓子の販売を本格的に開始する。8月にポテトチップスの生産を始めており、近代小売店(モダントレード)を中心に販売する。

現地合弁会社カルビー・ウィングス・フードが先ごろ投入した商品のブランド名は「ポタビー(Potabee)」。ビーフBBQ味とやきのり味の2種類。容量は小袋(15グラム)、中袋(35グラム)大袋(68グラム)の3種で、店頭想定価格は大袋で70~80円に設定した。

ミニマートやスーパー、ハイパーマーケットといったモダントレードのほか、個人商店などの伝統的小売店(トラディショナルトレード)でも販売する。

カルビー・ウィングス・フードは2013年設立。カルビーと伊藤忠商事が出資する特別目的会社(SPC)と、現地の複合企業ウイングス・グループ傘下のミトラジャヤ・エカプラナが折半出資する。SPCにはカルビーが92.4%、伊藤忠商事が7.6%を出資する。

カルビーがインドネシアで発売した「ポタビー」(NNA撮影)

カルビーがインドネシアで発売した「ポタビー」(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍でオンライン形…(10/22)

大人用紙おむつ3割増強 ユニ・チャーム、10億円投資(10/22)

東南ア6カ国の訪日客、9月も9割超減少(10/22)

ソーシャルメディアの制限強化へ、偽情報で(10/22)

コロナ対策は現状継続、景気・死亡率穏やか(10/22)

新興企業への投資、大型投資は減少傾向(10/22)

雇用創出法の細則40本準備、労組は協議拒否(10/22)

政府系投資会社、来年1月に設立へ(10/22)

AMTの暁星TNS、米ロ向けなど輸出好調(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン