タイヤメーカーが輸出に活路、日米市場狙う

インドネシアのタイヤメーカーが国内の自動車・二輪車販売伸び悩みを背景に、日米向けを中心に輸出強化に動いている。地元華字紙のインドネシア商報が8日付で伝えた。

地場最大手ガジャ・トゥンガルのキャサリーナ・ワジャジャIR・広報部長は、現在は42%となっている輸出シェアを年末までに45%まで高めたいとコメント。輸出品目のうちトラック・バス用ラジアルタイヤ(TBR)は新工場を建設中と説明し、1日当たりの生産量を年末には1,200本、来年には2,200本に引き上げる計画と述べた。

ガジャ・トゥンガルが傾注を目指すのは米国市場。米当局が中国製タイヤに反ダンピング税を課していることをビジネスチャンスとみている。市場開拓に向け、既に仏タイヤ大手のミシュランと提携した。

同じく地場大手のマルチストラダ・アラ・サラナは日米両市場向け輸出強化に動く。マネジャーのウトゥハン・アーラー・サディキン氏は、近く両国に販社を設立すると明らかにした。米国にはスポーツ用多目的車(SUV)用「アキレス」ブランドのタイヤ輸出に特化するという。

ただ同社の上半期(1~6月)の輸出額は8,295万米ドル(約85億円)と、前年同期比13%減に落ち込んだ。ウトゥハン氏は、輸出チャンスが拡大しているとはいえ、世界経済の先行きはまだ不透明で警戒が必要と指摘。生産設備の増強に踏み切るか否かを9月末までに判断する方針を示した。


関連国・地域: インドネシア日本米国
関連業種: 自動車・二輪車製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】従業員持株制度の配当・奨励金(03/28)

第224回 又野さん:こんにちは、みらい先生。今日はみらい先生に教えて頂きたいことがあり、ご連絡を致しま…

続きを読む

シングテル、インドネシアへの新送金サービス(03/28)

シンガポールの通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)は26日、インドネシアの国営通信テレコムニ…

続きを読む

テイクオフ:アヒル、ナマズ、ヤギ。…(03/27)

アヒル、ナマズ、ヤギ。子ども動物園の話ではない。最近注目しているローカルメニューだ。アヒルは、焼いた…

続きを読む

【書籍ランキング】3月9日~3月15日(03/27)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『小さな会社の儲かる整頓』小山昇(日経BP社) 2.『やり抜く力 人生…

続きを読む

【この人】羽田増便で新戦略展開 ANA、訪日旅行に幅広い選択肢(03/27)

全日本空輸(ANA)は、8月1日から東京の羽田空港とインドネシアの首都ジャカルタを結ぶ路線を増便する…

続きを読む

鉄道高速化、日本受注へ インドネシアで巻き返し 対中不信、大統領が決定(03/27)

【ジャカルタ共同】インドネシアのルフット調整相は24日の記者会見で、首都ジャカルタと東部の大都市スラバ…

続きを読む

日産現法、次期社長に三菱出身の小糸氏(03/27)

日産自動車は24日、インドネシア日産自動車(NMI)の次期社長に、小糸栄偉知(こいと・えいいち)氏を4…

続きを読む

伊ピアジオ、ベスパ新型2車種を投入(03/27)

イタリアの二輪車大手ピアジオの販売子会社ピアジオ・インドネシアは24日、新型プレミアムスクーター「ベス…

続きを読む

国内の自動車販売台数、ASEAN域内で首位(03/27)

東南アジア諸国連合(ASEAN)自動車連盟(AAF)によると、インドネシアの昨年の自動車販売台数はA…

続きを読む

住商参画のムアララボ地熱発電所着工(03/27)

住友商事は24日、インドネシア西スマトラ州のムアララボ地熱発電所の建設に同日着工したと発表した。発電容…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン