日本工営、海外初の水力発電事業を着工

建設コンサルタント大手の日本工営は、海外初の水力発電事業となるインドネシア・西ジャワ州ガルット県での水力発電施設を6月29日に着工したと発表した。現地法人の独立発電事業者(IPP)、チカエンガン・ティルタ・エネルギーが国営電力PLNとの売電契約を5月に締結したこ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(07/28)

2Q投資実現額は16%増 1年半ぶり2桁増、FDI20%増(07/28)

【食とインバウンド】「ムスリムフレンドリー」な旅先ランキング(07/28)

移動条件、感染危険度に応じて規定(07/28)

新型コロナの感染拡大、外国人の退避続く(07/28)

地方でワクチン在庫不足、接種の遅れ懸念(07/28)

三菱自の純利益60億円、4~6月期2年ぶり黒字(07/28)

重機販売大手、1~6月で年間目標の半数超(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン