• 印刷する

自治体職員が比・メコンを視察

国際機関の日本アセアンセンターが地方自治体職員向けに企画したフィリピン・ベトナム・カンボジアの視察に、宮城県や島根県、北九州市などの自治体や地方銀行から14人が参加している。

同視察は5日から12日までの日程で行われており、8日までフィリピンに滞在。10日までベトナム南部のホーチミン市、11日までカンボジアの首都プノンペンを視察する。11日午後に陸路でプノンペンからホーチミン市へ移動し、同日夜の深夜便で東京に戻る。

各地では進出する日系メーカーや商業施設などを視察する。日本アセアンセンターの中西宏太氏はNNAの取材に対し、「地方自治体は、中小企業から海外展開の相談を受けるケースが多くなっているため、今回の視察を企画した。各国の事情を肌で感じ、帰国後は、進出を検討する企業にアドバイスをしてほしい」と話した。

沖縄県の那覇市役所職員は、「マニラに来るのに、羽田を経由して来た。那覇と東南アジアの直行便を誘致し、沖縄県の産業活性化に役立てたい」と抱負を述べた。

参加者のうち、タイやベトナムへの渡航や駐在経験者はいたが、フィリピンへの渡航は全員初めて。「中小企業の進出先として良いパートナー企業がありそうだ」「治安の悪いイメージがあるが、予想していた以上に良い」「ベトナムと比べて都会的」と印象を語った。

中西氏によると、10年前は、地方自治体が海外進出支援を行うことは、産業空洞化につながるとしてタブーだったという。しかし、今では「中小企業の事業継続のために海外展開は必要であり、海外拠点からの利益送金で稼ぐ」という空気が広まっているようだ。


関連国・地域: ベトナムカンボジアフィリピン日本ASEAN
関連業種: 運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:一般的な退職年齢である…(08/10)

東南ア車生産、200万台突破 1~6月コロナ克服も先行き不安(08/10)

GDP7.4%増、高成長続く 4~6月期、コロナ規制緩和で(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

太平洋セメント、セブ工場更新へ工事着工(08/10)

6月輸出額1.0%増、電子製品は前年割れ(08/10)

アボイティス、洋上風力発電で事業化調査(08/10)

通信ディト、相互接続で競争委に苦情(08/10)

外国人技能実習制度、相次ぐ人権侵害「構造的」(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン