【変わりゆくラオス】多様なサービス需要、日系も商機:ジェトロ柴田所長に聞く(下)

ラオスの首都ビエンチャンでは所得向上もあって多様なサービス需要が出てきており、規制緩和を受けて日本企業も商機をつかもうと動きを活発化させつつある。一方、ラオスで操業する上での課題も残されており、日本貿易振興機構(ジェトロ)などはラオス政府に働き掛けを続ける。ジ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

韓国ティーウェイ、ビエンチャン便開設へ(12/12)

HAGL、水力発電事業から撤退へ(12/12)

インフレで賃上げ求める声、国会に相次ぐ(12/11)

ラート、ラオスの水力発電所が商業運転開始(12/11)

国会が任命の高官、人事評価を実施(12/10)

国会が閉幕、社会経済開発計画など承認(12/10)

ラオスとの貿易総額、1~10月は9.4億ドル(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン