【変わりゆくラオス】多様なサービス需要、日系も商機:ジェトロ柴田所長に聞く(下)

ラオスの首都ビエンチャンでは所得向上もあって多様なサービス需要が出てきており、規制緩和を受けて日本企業も商機をつかもうと動きを活発化させつつある。一方、ラオスで操業する上での課題も残されており、日本貿易振興機構(ジェトロ)などはラオス政府に働き掛けを続ける。ジ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス・カンボジア行きのバス、運行休止(03/27)

タイから帰国の労働者、故郷へ移送急ぐ(03/26)

【ラオス経済通信】1000億キープのSME融資を開始へ 第147回(03/26)

新型コロナウイルス、ラオスで初の感染確認(03/25)

感染拡大で出入国制限を強化 国境閉鎖、製造業への影響軽微(03/25)

【危機の東南ア、コロナ最前線】封じ込め、なりふり構わず 宗教・伝統も制限で高まる閉塞感(03/25)

国境閉鎖、タイから労働者が駆け込み帰国(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン