【変わりゆくラオス】ビタパーク、第2期開発へ:年内にも着工、日本との連携期待

ラオスの首都ビエンチャン郊外にあるビタ・パーク経済特区(SEZ)は年内にも、工業団地の第2期分の開発に着手する。開発母体であるラオ・ビタ開発社の陳俊成最高経営責任者(CEO)がNNAに明らかにした。団地開発パートナーとして日本企業との連携も視野にあるとし、テナ…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 建設・不動産サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インフレで賃上げ求める声、国会に相次ぐ(12/11)

ラート、ラオスの水力発電所が商業運転開始(12/11)

国会が任命の高官、人事評価を実施(12/10)

国会が閉幕、社会経済開発計画など承認(12/10)

ラオスとの貿易総額、1~10月は9.4億ドル(12/10)

証券法の改正案、中央銀行が国会に提出(12/09)

村の収支計画は上級政府の承認を=財務省(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン