新公共交通「ビープ」誕生、普及に期待

フィリピン式乗り合いタクシー「ジプニー」に続く新たな公共交通機関が誕生――三菱モーターズ・フィリピンズと地場のアルマゾラ・モータースはこのほど、ジープとバスを融合させた「ビープ(BEEP)」の試作車を発表した。運輸当局が新たな公共交通機関として期待を示す一方で、既…

関連国・地域: フィリピン日本欧州
関連業種: 自動車・二輪車運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンの飲食店業界…(06/23)

大統領「接種拒否なら逮捕」 感染収束遠く、国民に怒りあらわ(06/23)

新型コロナ、新たに3666人感染(06/23)

顔シールド着用義務を継続、大統領表明(06/23)

関税委、完成車の輸入制限継続に否定的(06/23)

いすゞ、スービックに販売店開設へ(06/23)

吉野家とジョリビーの合弁、証券委承認(06/23)

感染対策認証シール、1カ月で承認102件(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン