• 印刷する

ロイヤルホスト、上海店舗を閉鎖

ファミリーレストラン大手のロイヤルホールディングス(HD)は19日、上海市徐匯区の「ロイヤルホスト」をきょう20日に閉店することを明らかにした。直近1年の売上高は上昇傾向にあったが、品質や食材、人材などを総合的に考慮し、今後上海でのロイヤルホスト事業を継続していくのが難しいと判断した。

ロイヤルHDは2010年11月、ロイヤルホスト1号店を徐家匯地区にある商業施設「美羅城(メトロシティ)」の3階に開業。ステーキやハンバーグなどの洋食を中心に提供しており、13年の1カ月当たりの売上高は平均930万円だった。

ロイヤルHDは10年9月、台湾の流通大手、統一グループ傘下の統一超商との合弁で、上海市に統一楽豪(上海)餐飲管理を設立。資本金は300万米ドル(約3億円)で、ロイヤルHDが49%、統一超商の香港子会社が51%をそれぞれ出資していた。

ロイヤルHDが中国で展開する店舗は上海市の1店舗のみで、閉店により店舗はゼロとなる。ただロイヤルHDによると、現時点では中国から完全撤退する計画はないとしている。<上海>


関連国・地域: 中国-上海台湾日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

奈雪の茶、大阪から日本攻略 1年半で黒字化へ、来春東京出店(09/25)

長城汽車、電動車など生産へ735億円を投資(09/25)

ANAとJAL、中国路線を一部再開(09/25)

順法企業は心配無用、ブラックリストで政府(09/25)

HSBC中国撤退も、シティがリスクを指摘(09/25)

上場企業のインサイダー取引、罰則を強化へ(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

国有企業の利益、1~8月は24.2%減(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン