NNA ASIA

四国電力、比の災害復旧能力を向上へ

四国電力が、フィリピンで配電網の災害復旧能力の向上を目的としたコンサルティング事業を開始した。国際協力機構(JICA)からの受託で、現地の配電組合の防災対策などを格付けする制度の創設を検討する。これを基に、銀行から低金利で融資を受けられるインセンティブ制度(金融優遇条件)の導入を図る狙い。フィリピンでは災害発生後に長期間の停電が発生するのが現状で、四国電力は配電組合の防災関連向け投資を促したい考えだ。