NNA ASIA

政府、首都圏封鎖を視野

新型コロナ防止へ、時期は未定

フィリピン政府は、国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マニラ首都圏の封鎖を視野に入れている。国家警察や国軍、地方自治体が一体となって実行する態勢が整った。国内での感染者が増え続けていることに政府は警戒感を強めているが、現時点での封鎖は時期尚早との見解を示している。実際に封鎖されても一部地域にとどまる可能性が高そうだ。

NNAからのお知らせ