NNA ASIA

【ハノイ重慶】中越国境、人的交流も拡大

(3)中国の影に濃淡

中越国境の友誼関まで15キロメートルのベトナム・ランソン省都のランソン市。意外だったのは中国人観光客やビジネスマン、中国語の看板や中国車両をほとんど見掛けなかったことだ。ただ、中越間の国際陸路輸送は拡大し、ベトナム側の国境では中国への留学や就労も目立つ。首都ハノイからみた辺境地域は、さまざまな課題を抱えつつも中国南部への玄関口としての顔を持つ。

NNAからのお知らせ