NNA ASIA

通信2社、サンミゲルなど同業3社の資産買収

フィリピンの通信最大手フィリピン長距離電話会社(PLDT)と同2位のアヤラ系グローブ・テレコムは30日、コングロマリット(複合企業)サンミゲル・コーポレーション(SMC)など3社から通信事業の資産を買収すると発表した。買収総額は528億5,000万ペソ(約1,254億円)で、両社は各社株式の50%ずつを取得する。3社が持つ周波数帯などの資産取得で、固定・携帯データ通信サービスを向上させるのが狙い。一部帯域は当局に返還し、第三者の市場参入余地も残す。