ミャンマー市場の今

Market mm
人口5300万人余のミャンマー。消費者の所得向上とともに内需の拡大が期待されている。この連載では市場のトレンドを現地のシンクタンク/リサーチ・コンサルティング会社が解説する。

筆者紹介

MSRジャパン / ミャンマーサーベイリサーチ
瀧波 栄一郎
日系シンクタンク系コンサルティング会社、総合系コンサルティングファームを経て2018年より現職。

すべての文頭を開く

【ミャンマー市場の今】政変の影響 消費者のボイコット活動との向き合い方 第10回(04/07)

軍系企業が関与する製品のボイコットを訴えるデモ活動の様子(Myanmar Nowのツイッターより)
■NGOなどが軍と接点のある企業情報を公開 ミャンマー国軍によるクーデターに対する市民不服従運動(C…

続きを読む

【ミャンマー市場の今】政変の影響 打ち砕かれたミャンマー国民の期待(特別編)(02/08)

ヤンゴンでのデモの様子=7日
■コロナ禍で既に苦しむミャンマー経済 民主化と逆行するクーデターが世界中のメディアで流れ、米国や諸…

続きを読む

【ミャンマー市場の今】製薬業界の現状と展望 第9回(2020/12/16)

■医薬品全体の約4割はインドから輸入 コロナ禍により、脆弱(ぜいじゃく)なミャンマーの医療体制が浮き…

続きを読む

【ミャンマー市場の今】タイCPがけん引するファストフード市場 第8回(2020/11/11)

■KFCやロッテリアをしのぐCP系チェーン ミャンマーでは、欧米系だけでなく韓国系やタイ系などの外食…

続きを読む

【ミャンマー市場の今】ヤンゴン不動産市場概況 第7回(2020/10/14)

■価格高騰から一転、調整期に ヤンゴンにおける不動産価格は、2012年前後から経済開放を見越した期待感に…

続きを読む

【ミャンマー市場の今】総選挙後のビジネス環境 第6回(2020/09/16)

■ミャンマー市場、再評価期の到来 ミャンマーでは5年に一度の総選挙が近づいている。11月に予定される総…

続きを読む

【ミャンマー市場の今】堅調に拡大する化粧品市場 第5回(2020/08/12)

■化粧品市場は堅調に成長 ミャンマーで化粧品市場が拡大している。ミャンマー国内で販売される化粧品の大…

続きを読む

【ミャンマー市場の今】コロナ禍による消費者への影響 第4回(2020/07/08)

■コロナ禍が9割超の世帯の家計を圧迫 ミャンマーでは、外出自粛規制が解除されるなど徐々に経済活動が回復…

続きを読む

【ミャンマー市場の今】政府のデジタル化推進の取り組みと展望 第3回(2020/06/10)

ネピドーの省庁オフィスの様子。パソコンは1室に2台(2017年に筆者撮影)
□ 民間セクターがIT化を先導 □政府のデジタル化はいかに? ミャンマーではITサービスの発展が目…

続きを読む

【ミャンマー市場の今】コロナによる経済と企業活動への影響 第2回(2020/05/13)

~ミャンマーは“90%エコノミー”を維持できるか~ ミャンマーでは脆弱(ぜいじゃく)な医療体制を背景に、…

続きを読む

【ミャンマー市場の今】アルコール飲料 第1回(2020/04/08)

~女性のアルコール消費拡大をいかに取り込むか~ ◇今月の数字: 約4.8リットル (ミャンマーにおける年間…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン