ASEAN戦略を聞く

190508 icon
東南アジア各国の経済成長に伴い、生産拠点としてだけでなく、消費市場として着目して事業拡大を狙う企業が増えている。現地に拠点を構える企業に事業戦略を聞き、域内ビジネスの攻略方法を紐解く。
すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】経済成長率以上の事業拡大へ 日立、IoT軸に3分野強化(09/09)

「各国の成長率よりも高い水準での事業拡大を目指す」と話す日立アジア社の堀内浩祐社長=シンガポール東部(NNA撮影)
日立製作所の東南アジアの地域統括会社であるシンガポールの日立アジア社は、域内各国の経済成長率以上での…

続きを読む

【ASEAN戦略】事業領域を多極化 日本工営、インフラ需要拡大で(09/02)

「ニーズに応じて変革を行い、プロジェクト・パートナーとして今後も幅広く事業を展開していきたい」と意気込みを語る日本工営シンガポール室の小泉慎室長(左)と鵜澤邦泰マネジャー(右)=シンガポール中心部(NNA撮影)
総合建設コンサルタント大手の日本工営(東京都千代田区)が東南アジアで、民間企業向けのコンサルティング…

続きを読む

【ASEAN戦略】管轄地域の営業利益百億円へ TOTO、パッケージ販売で(08/02)

水栓金具や温水洗浄便座、衛生陶器を併せてパッケージにすることで販売を強化したいと話す、TOTOアジア・オセアニアの遠藤販売統括本部長=シンガポール南部(右、NNA撮影)
衛生陶器大手TOTOは、アジア・オセアニア・中東地域で水栓金具や温水洗浄便座「ウォシュレット」の販売…

続きを読む

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

モスフードサービスの瀧深執行役員国際本部長=東京(NNA撮影)
ファストフードチェーン「モスバーガー」を運営するモスフードサービス(東京都品川区)が、東南アジアでの…

続きを読む

【ASEAN戦略】ミレニアル世代市場の参入支援 クールジャパン、現地企業出資で(07/08)

握手を交わすクールジャパン機構の加藤専務取締役COO兼CIO(左)とクロゼットのロジャー・ユウェン創立者兼CEO=6月25日、シンガポール湾岸部(NNA撮影)
日本の官民ファンドである海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)は、ミレニアル世代(1980~2000年前…

続きを読む

【ASEAN戦略】年3~5%以上の成長見込む 横河電、成熟度に応じたサービスで(06/24)

「ASEANには幅広い事業機会があり、グループ全体の成長をけん引する」と話すヨコガワ・エンジニアリング・アジアの小松副社長=シンガポール中心部(NNA撮影)
横河電機が東南アジア諸国連合(ASEAN)事業を強化している。グループ全体の成長をけん引する市場とみ…

続きを読む

【ASEAN戦略】クリエーティブ系共用オフィス 福岡ゼロテン、域内5~6カ国へ(06/10)

「The Companyを通じて、国境をまたぐプロジェクトを創出していきたい」と話す勝呂ディレクター(Zero-Ten提供)
福岡を本拠とするクリエーティブ制作会社Zero-Ten(ゼロテン)が東南アジア諸国連合(ASEAN)でコワー…

続きを読む

【ASEAN戦略】外資でアジアトップ5へ SOMPO、東南ア軸に(05/27)

日本人以外で初めてソンポ・ホールディングス(アジア)のリージョナルCEOに就任したダニエル・ネオ氏=シンガポール中心部(NNA撮影)
損保大手SOMPOホールディングスがアジア太平洋地域で事業を拡大している。東南アジアを軸に自動車保険…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン