知識探訪~多民族生活・社会の横顔を読む~

Chisiki myr icon
日本のマレーシア研究界をリードする執筆陣が、それぞれの研究成果やデータから導き出した「マレーシアの意外な横顔」を、忙しい朝にも読みやすいエッセイとしてお届け。地元の人々とのコミュニケーションをより円滑に行うためのヒントとしていただけるよう、政治、宗教から、サブカルチャーまで広義の地域特性について付加情報を提供していきます。
すべての文頭を開く

【知識探訪】コロシアム・カフェ閉店 宇高雄志(兵庫県立大学環境人間学部教授)(10/26)

過年にスケッチしたコロシアム・カフェ(筆者提供)
マレーシアの首都クアラルンプールの目抜き通りにあったコロシアム・カフェ&ホテルが100年の歴史を終え閉店…

続きを読む

【知識探訪】お香はどこから来てどこへ行くのか 金沢謙太郎(信州大学学術研究院総合人間科学系教授)(09/28)

サラワク州産の沈香(筆者提供)
マレーシアの首都クアラルンプールにお香の専門店が目立ち始めたのは2000年に入ってからだろうか。ショッピ…

続きを読む

【知識探訪】タブンハジとマレーシア――巡礼資金の預金とその運用 上原健太郎(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科特任研究員)(08/30)

クアラルンプールにあるタブンハジ本社(筆者提供)
イスラム教徒(ムスリム)にとって、人生で一度はサウジアラビアの聖地メッカへ巡礼することが宗教的義務と…

続きを読む

【知識探訪】ドリアンと森の恵み 河合文(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教)(07/27)

森で採った果実を運ぶバテッの親子(筆者提供)
ドリアンの季節がやってきた。マレー半島東海岸地域は、今年は果実の当たり年のようである。特にドリアンを…

続きを読む

【知識探訪】1964年の東京五輪とマレーシア 福島康博(立教大学アジア地域研究所特任研究員)(06/29)

2010年のユース五輪開催を記念して作られたシンガポールのユース五輪公園(筆者提供)
東京オリンピックの開催まであと1カ月に迫った。無事実施されれば東京では2回目の夏季五輪となるが、57年…

続きを読む

【知識探訪】チョウキット銃乱射事件と5・13事件の亡霊 金子芳樹(獨協大学外国語学部教授)(05/25)

今年3月30日、1人のマレーシア人の死を伝える記事が現地各紙に掲載された。その人物はプレベット・アダム…

続きを読む

【知識探訪】60年以上続いているマレーシアの文芸雑誌「蕉風」 舛谷鋭(立教大学観光学部教授)(04/27)

「蕉風」の創刊号(馬華文学館提供)
言語を問わずプロ作家がほとんどいない東南アジアの文壇において、奇跡的に60年以上続いているマレーシアの…

続きを読む

【知識探訪】2022年に40周年を迎える東方政策 杉田光彦(在マレーシア日本大使館広報文化部長)(03/30)

マレーシアの東方政策(Look East Policy)は、日本等への留学や研修を通じ、労働倫理、学習・勤労意欲、道…

続きを読む

【知識探訪】元最高裁長官サレー・アバスの死去 光成歩(津田塾大学講師)(02/23)

2021年1月16日、マレーシアの最高裁判所(現在の連邦裁判所)の元長官モハメド・サレー・アバス(Mohamed …

続きを読む

【知識探訪】マイスジャテラ―コロナ禍のリヴァイアサン 辻修次(マレーシア大学クランタン校文化遺産学科上級講師)(01/26)

学内全教室に貼られたマイスジャテラのQRコード。キャンパス内での動線も全て記録を求められる。(筆者撮影)
コロナ禍のマレーシアでスマートフォンの充電が切れれば、市民権を半ば失ったようなものだ。新型コロナウイ…

続きを読む

【知識探訪】サバ州でのコロナ感染拡大 井口次郎(国際協力コンサルタント)(2020/12/22)

12月13日のコタキナバルのガヤ通り日曜市、観光客も少なくかつての賑わいはない(筆者撮影)
マレーシアでは、今年2月に自国民初の新型コロナウイルスの感染症例が確認(第1波)されたが、3月中旬ま…

続きを読む

【知識探訪】クアラルンプールのヨガ教室:「ヨガは私の人生を救った」 板垣明美(横浜市立大学大学院准教授)(2020/11/24)

写真1(筆者撮影)
さまざまな民族がそれぞれの文化を発展させ、同時にマレーシアとしてのまとまりもあるこの地域で、身体技法…

続きを読む

【知識探訪】中国の海洋攻勢とマレーシア―その認識と対応― 佐藤考一(桜美林大学リベラルアーツ学群教授)(2020/10/27)

中国自然資源部の海洋調査船「海洋地質8号」が、4隻の中国海警船艇と9隻の海上民兵が乗る漁船を護衛に付…

続きを読む

【知識探訪】歴史の闇に葬られた日本陸軍のリアウ諸島租借工作 渡辺洋介(ピースデポ研究員)(2020/09/29)

陸軍大将・宇都宮太郎(筆者提供)
数年前、通説を覆しうる新史料がシンガポールの収集家・研究者であるリム・シャオビン(Lim Shao Bin)によ…

続きを読む

【知識探訪】コロナ禍が照らし出した国家英雄 篠崎香織(北九州市立大学外国語学部教授)(2020/08/25)

2020年3月半ば以降、新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大が起こったマレーシアは、希望連盟(PH)政権…

続きを読む

【知識探訪】マレーシア現代史から―マラヤ非常事態と華人新村― 村井寛志(神奈川大学教授)(2020/07/28)

新村の入り口には牌楼が立っていることが多い=2009年(筆者撮影)
3月16日、新型コロナウイルス感染者数の急激な増加を受けて、マレーシア政府は活動制限令(Movement Contr…

続きを読む

【知識探訪】マレーシア、クランバレーの公共交通 湯川創太郎(大阪商業大学専任講師)(2020/06/30)

KTMコミューター(UKM駅にて筆者撮影)
マレーシアの人口1,000人当たりの自動車保有台数は479台(2016年、出典:総務省統計局「世界の統計2020」)…

続きを読む

【知識探訪】草の根から世界へ―イスラム団体タブリーグの実像 小河久志(金沢星稜大学人文学部准教授)(2020/05/27)

タブリーグが運営する宗教学校で学ぶ子どもたち(筆者撮影)
イスラム団体タブリーグ。マレーシアにおける新型コロナウイルス感染拡大の報を受けて、初めてこの名前を聞…

続きを読む

【知識探訪】マレーシアで外国人が障害児を育てることの難しさ 久志本裕子(上智大学総合グローバル学部准教授)(2020/04/28)

マレー語では、障害を持つ人のことを“OKU(オーケーユー)”という。“Orang Kurang Upaya”とは「能力…

続きを読む

【知識探訪】マレーシアの工業化を考える 穴沢眞(小樽商科大学商学部教授)(2020/03/24)

1957年の独立以降のマレーシアの経済発展をけん引してきた産業が製造業であったことに異論はないであろう。…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン