反中デモ暴徒化、ビンズオン省:VSIPなどで、日系にも飛び火

南部ビンズオン省のベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)で13日、反中国デモを行っていた労働者の一部が暴徒化し、標的となった中国系企業などに押し入り、看板や門などを破壊、負傷者も発生する事態に発展している。日系企業にも窓ガラスや蛍光灯が割られるなどの被害が出…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

【ウィズコロナ】デジタル化・現地化を促進 東南アジア日系企業の変革(上)(15:50)

越の航空業、国内線は正常化 業績悪化は不可避、損失30兆ドン(06/05)

国内生産車の登録料半減、政令草案を調整中(06/05)

ビンファスト、登録料ゼロのキャンペーン(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

物流業界の電子化急務、コロナ禍で再編加速(06/05)

ビンフオック省レダナ工業団地、首相が承認(06/05)

HCM市の工業団地、インフラ整備求む声(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン