• 印刷する

アヤラ系と三菱商事、ヤンゴンで水道環境改善へ

マニラ首都圏東部などで水道事業を手掛けるアヤラ系マニラ・ウオーター(MWCI)は17日、ミャンマー最大の都市ヤンゴン市の水道環境改善に関し、三菱商事とヤンゴン市開発委員会(YCDC)との間で覚書(MOU)を締結したと発表した。マニラ・ウオーターは海外事業を積極的に展開する方針を掲げており、ベトナム、インドネシアに続く事業展開となる。

フィリピン証券取引所(PSE)に提出した報告書によると、マニラ・ウオーターは、三菱商事と共に、ヤンゴン市で「無収水率」の低減に向けて協業する。無収水率は造水量に対して漏水・盗水や公共用途への無償提供などで売り上げに結びつかない水量の割合を示す。

三菱商事の担当者は同日、NNAに対し、まずは約3,000世帯を対象とした事前調査に着手すると説明。同調査を終えてから1~2年程度の期間に、配管の修理や老朽化した水道メーターの交換、水道料金に関する啓発活動などを行うと述べた。

ヤンゴン市内の無収水率は65%で、日本の3~5%に比べて高水準にあるとされる。一方、首都圏東部を中心とするマニラ・ウオーターの事業地域は、無収水率が10%前後とされており、三菱商事はマニラ・ウオーターの運営ノウハウが役に立つとみている。

ヤンゴン市開発委員会は、水道や不動産、事業免許関連などを統括する政府機関。ミャンマーの水道事業は現在、同国政府の主導となっているが、三菱商事は今回の取り組みをきっかけに、将来的には同国で水道事業を展開することを視野に入れているとした。同社は現在、マニラ・ウオーターに1.2%を出資している。


関連国・地域: ベトナムミャンマーインドネシアフィリピン日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

GDP7.4%増、高成長続く 4~6月期、コロナ規制緩和で(14:35)

テイクオフ:ルソン島北部を7月下旬…(08/09)

再エネ導入目標20%上げ 政府、40年に5千万キロワット超(08/09)

新型コロナ、1~7日は新たに2万7331人感染(08/09)

6月失業率6.0%と横ばい、先行き不透明(08/09)

ガソリン値下げ、2週間ぶり(08/09)

ソーラー比、メラルコにベース電源提供へ(08/09)

メラルコ、140万kWの電力入札実施へ(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン