【アジア目線】第39回・広東省の輸出産業の高度化の限界

第39回 前回のコラムでベトナムの資本労働比率を考察した。今回は、広東省についてみてみよう。資本労働比率はおさらいであるが、固定資産額を従業員数で除した数値であり、労働者1人当たりの設備保有規模をみる指標である。労働装備率、資本装備率とも呼ばれ、産業の機械化とそれ…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾ベトナムアジア東アジア
関連業種: 電機食品・飲料繊維その他製造IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】ファミマ、「質」磨き売上増 コロナで来店者減も客単価は拡大(08/11)

三菱UFJ銀、新興企業向け融資で新会社(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

7月新車卸売り台数が9割増 前月比、在庫調整一段落し急増(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

新潟の半導体工場売却へ、米オン・セミコンダクター(08/11)

ホンダ四輪、7月小売りは前月比62%増(08/11)

新型ミラーレス相次ぎ投入、動画撮影を強化(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン