【アジア目線】第39回・広東省の輸出産業の高度化の限界

第39回 前回のコラムでベトナムの資本労働比率を考察した。今回は、広東省についてみてみよう。資本労働比率はおさらいであるが、固定資産額を従業員数で除した数値であり、労働者1人当たりの設備保有規模をみる指標である。労働装備率、資本装備率とも呼ばれ、産業の機械化とそれ…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾ベトナムアジア東アジア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電機食品・飲料アパレル・繊維製造一般天然資源雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

電動三輪普及事業の期限、来年5月に延長(17:26)

千代田化工、マセラ鉱区の予備設計を受注(18:07)

テイクオフ:マレーシアで、オースト…(06/20)

ティラワで新区画の販売開始 7月から、さらに拡張も視野(06/20)

独自動車の不正再燃、ディーゼル車が苦境に(06/20)

東電PGが再生可能エネ支援 成功大と提携、モデル区開発に参画(06/20)

東芝、家電市場でトップ3へ 新商品投入を強化、生産拡張も(06/20)

国内質店数が過去10年で2倍 競争激化、大手3社が半数占める(06/20)

順調なインフラ整備を強調 比経済閣僚が東京で説明会(06/20)

円借款、邦銀も供与に前向き 災害対策や高齢化問題でも支援(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン