• 印刷する

《安全》鳥インフル新たに3人感染、死者50人に

広東省衛生局は8日までに、深セン市の31歳男性と仏山市の51歳女性が鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)に感染したことが確認されたと発表した。江蘇省衛生庁も南京市に住む54歳の女性への感染を確認したと発表した。

深セン市の男性は、先月30日に発病し、3日から市内の病院に入院。現在、タミフルを投与するなどの治療が行われているが、容態は安定しているという。男性と密接な接触があった35人に感染は確認されていない。

仏山市の女性は先月31日に発病し、3日から市内の病院に入院。容態は安定しているという。女性と密接な接触があった21人に感染は確認されていない。

南京市の女性も現在、南京市内の病院で治療を受けているという。江蘇省内でH7N9型の感染が確認されたのは昨年10月以降初めて。

また広東省衛生計画出産委員会は、同型ウイルスへの感染が先月15日に確認された東莞市在住の39歳男性が、6日夜に多臓器不全のため死亡したと発表した。同ウイルスの感染者の死亡は広東省で初めて。

現時点までの中国での感染者数は、台湾と香港の各2人を含めて156人となり、うち約50人が死亡した。<全国>


関連国・地域: 中国-全国香港台湾
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国と通貨スワップ延長、人民銀(12:35)

PCBの相互が412人解雇、華為影響で(11:39)

電力公社、EV分野で中国企業と協力へ(10/23)

テイクオフ:25年前、進学のため北…(10/23)

5Gユーザー1.6億人に拡大 普及進む、基地局建設も急ピッチ(10/23)

運転免許取得、70歳以上も可能に(10/23)

中央財政の景気対策資金、1.6兆元が地方に(10/23)

中国首相、成長に意気込み(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン