【両雄】高まる日系のアジア上場機運:試される戦略の本気度

日本企業のアジアでの上場機運が高まる中、シンガポールで昨年、日本企業が13年ぶりに上場した。アジアの2大国際金融センターとして注目されるシンガポールと香港。外国企業への門戸の広さではシンガポールに軍配が上がるが、市場の厚みや流動性の高さでは香港が圧倒。ただ香港に…

関連国・地域: 中国香港シンガポール日本米国欧州
関連業種: 医療・医薬品化学繊維金融建設・不動産IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者3人、累計4996人(09/18)

採用意欲、10年ぶり低水準 米社4Q調査、不透明感映す(09/18)

6~8月の失業率6.1%、前期から横ばい(09/18)

新たに感染者9人を確認、累計は4993人(09/18)

検体採取容器の配布、18日から9カ所追加(09/18)

アントの香港IPO、来週にも上場審査(09/18)

続落、米指数先物の下落受け=香港株式(09/18)

7月の民間住宅着工数、増加も1千戸届かず(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン