【アジア目線】第38回・ASEAN市場統合とベトナム産業

第38回 ベトナムは1990年代中ごろから外資系企業主導による工業化を進めてきた。自動車や家電といった耐久消費財分野では域内各国と比較して優位性のある競争力が備わったとは言えない状況にあり、唯一オートバイ産業については自国市場の成長によって規模の経済性が期待でき、実際…

関連国・地域: ベトナムアジアASEAN
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(12/16)

神鋼環境が浄水設備を完工 上水道事業に参入、日系企業で初(12/16)

【書籍ランキング】11月28日~12月4日(12/16)

テイクオフ:日本国内のコンビニエン…(12/16)

11月の工作機械輸出17%減に 13カ月連続、通年2割減も(12/16)

双日車販社に地場財閥出資 ユチェンコ、吉利ブランド浸透へ(12/16)

HOYAがニューフレアにTOB、東芝に対抗(12/16)

来年に1米ドル29.25バーツ予測=アユタヤ銀(12/16)

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(12/16)

ダウェーへの送電網は年度内に着工、大統領(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン