• 印刷する

北京汽車、ミャンマー国境に年産5万台の拠点

中国自動車大手の北京汽車は、コングロマリット(複合企業)の雲南景成集団(雲南省瑞麗市)と、合弁子会社の北汽雲南瑞麗汽車を瑞麗市で設立した。資本金、出資比率は明らかにしていない。

中国の新京報によると、北京汽車は36億元(約611億円)を投じる。工期は2期に分け、1期は間もなく着工する見通し。1期の年産能力は5万台、2期は10万台。1期は2015年の稼働を目指す。

瑞麗市はミャンマーのシャン州ムセと国境を接しており、中国・ミャンマー貿易の最大の玄関口となっている。雲南拠点は東南アジア諸国、とくにミャンマーへの輸出を視野に入れた布石と考えられそうだ。

ミャンマーの報道では、北京汽車はまず、ミャンマーの小型車市場に参入する計画を打ち出している。輸入車を扱うアウン・カバー・モーターを通じて小型車を投入。ミャンマーで流通している日本製中古車のホンダ「フィット」やスズキ「スイフト」からの置き換えを目指す。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

中国向けトウモロコシ輸出、86社が許可申請(08/12)

通信アトム、児童養護施設支援に6400万円(08/12)

11日の感染者21人、死者ゼロは127日連続(08/12)

元復興相と国軍トップ会談、現職議員初(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

日本送り出し、現地人主導で 高まる海外就労意欲と日本(3)(08/12)

キリン、ミャンマー事業利益46億円を計上(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン