黒川紀章が鄭州改造、新都心を設計

河南省の省都・鄭州市が同市の東側に新しく建設する150万人都市・鄭東新区の設計に、日本を代表する建築家、黒川紀章氏の案が採用された。昨年実施された国際設計コンペで決まったもので、黒川氏は計画面積1万5,000ヘクタールのうち8,755ヘクタールの都市計画の設計と旧空港跡地に…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

債務膨張で経済圧迫、通貨安に格付け撤退も(10/07)

マルコス氏の外交は「成功」、大学教授(10/07)

外国人のコンド購入、ほぼコロナ禍前に回復(10/07)

中国から購入の鉄道車両、試運転に成功(10/07)

【シリーズ小国経済】不況のラオスを行く 新鉄道と中国マネー(10/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン