人材引き留めに「2割」の壁:関心高い福利厚生、活用カギ

インドネシアの主要都市で勤務する会社員の多くが2割の昇給率を求めている——。NNAがこのほど実施した調査で、このような傾向が浮き彫りになった。転職時にも、同水準を希望する割合が最も多かった。企業は「2割」という数値を意識しながら、関心が高まりつつある福利厚生を…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 医療・医薬品その他製造金融天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

農園ダルマ・サトヤ、来年パーム油工場完成(16:22)

8月東南ア訪日客98.9%減、コロナ影響続く(15:51)

空港税の廃止検討、航空業界支援で=運輸省(15:05)

テイクオフ:西ジャワ州ボゴールの市…(09/21)

オフィスのあり方見直す企業 コロナ契機、働き方変わるか(09/21)

首都で37社一時閉鎖、規制再強化5日間で(09/21)

西ジャワ州デポック市、夜間外出制限を緩和(09/21)

地場ガルーダフード、チーズ製造社買収へ(09/21)

地場ミトラエネルギー、静岡ガスと事業模索(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン