• 印刷する

日本産の家きん輸入、農業省が解禁

フィリピンの農業省が、高病原性鳥インフルエンザの感染によって、一時的に禁止していた日本産の家きん類の輸入を解禁していたことが23日までに分かった。

NNAが農業省から入手した省令10号によると、日本の農林水産省が、熊本県球磨郡多良木町で発生した高病原性鳥インフルエンザが消滅したとの報告書を家畜・家きんの疾病抑制に関する国際組織、国際獣疫事務局(OIE)に提出したことから、輸入解禁に踏み切った。

地元紙マニラスタンダードによると、農業省は昨年4月、多良木町の農場で鳥インフルエンザ(H5亜型)の発生が確認されたことを受けて、日本産の鶏肉やひな、卵、精子、野鳥の輸入を一時的に禁止していた。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2630人、計29万9361人(09/25)

外出制限、一段の緩和に壁 マニラ首都圏、来月1日以降(09/25)

イロイロ市の外出制限、再び厳格化(09/25)

コロナ感染新たに2180人、計29万6755人(09/25)

民放ABS―CBN、ロペス名誉会長辞任(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

シェル、マランパヤガス田の権益45%売却へ(09/25)

経済区庁、登録企業の85%が事業再開(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン