《労使》【ディープチャイナ】東莞市の本音と建前、高温手当訴訟の裏側

今年8月、広東省で操業する企業にとって関心の高い労使調停が東莞市であった。「高温手当」を支払わないとして会社を訴えた従業員に対し、同市労働仲裁庁が訴えを棄却する判断を初めて下したというものだ。これまで支払い義務があったとされる高温手当だが、棄却の背後にはどのよう…

関連国・地域: 中国-広東香港
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国内初の高速道路、22年9月に完工見通し(06/23)

海外展示会を香港で自主再現 島精機、渡航制限の顧客に配慮(06/23)

テイクオフ:かれこれ9カ月ぶりか。…(06/23)

データセンターの建設加速へ 3年で投資1.4兆元の観測(06/23)

低速EVに技術基準、工情省が規格改定(06/23)

「618」の宅配便、コロナ前から8割増(06/23)

昨年の中国向けFDI、米国と僅差の2位(06/23)

地方債の発行額、1~5月は2.5兆元(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン