• 印刷する

テイクオフ:1年ほど前、観葉植物の…

1年ほど前、観葉植物の農園を取材でお邪魔したところ、日本人経営者の方に小さな鉢植えをいただいた。名前は忘れてしまったが、ヤツデを小さくしたような手のひら状の葉が6枚、枝の先に集まっている。

日のあたる窓辺に置いて3~4日ごとに水をやるだけで、次々と枝が派生して伸びていく。植物の生命力のすごさだ。下の方の葉が元気がなくなったなと思うとあっという間に枯れ落ちて、薄緑色の若葉が上から芽を出す。親から子へ命をつなぐのを見ているような、不思議な気持ち。

観葉植物の農園は、マニラ首都圏から南へ2時間ほどのバタンガス州リパにある。13ヘクタールの敷地にさまざまな品種の苗木が植えられていて、畑の間には気持ちのいい並木道が整備されている。エコツーリズムに最適の緑の楽園。(夏)


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ボトル再生工場、1月着工 コカ・コーラ、東南ア初(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

11月の物価上昇率1.3%、6カ月ぶり加速(12/06)

製造業活性化に300億ペソ必要、貿産省(12/06)

証取の清算子会社、英社の決済システム導入(12/06)

10月の失業率4.5%に低下、統計庁(12/06)

10月の工業生産、11カ月連続で前年割れ(12/06)

ボホール空港の運営保守、投資額は38億ペソ(12/06)

〔ミ島通信〕日本が技術支援、道路整備事業(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン