【ASEAN経済共同体】鉄鋼で表面化した保護主義:「中国だけ狙い撃ちできない」

【第8回】ASEAN(東南アジア諸国連合)経済共同体(AEC)の目指す「単一の市場と生産基地」がもたらすのは商機だけではない。インドネシアは貿易自由化によって国内産業が打撃を受けたり、海外からの人材流入により国民の雇用機会が奪われないかと懸念を強めている。非関…

関連国・地域: 中国台湾韓国ベトナムインドネシア日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

IMF、カンボジア経済のリスク指摘(04/24)

テイクオフ:渋滞の先で事故が起きて…(04/24)

【この人に聞く】建築設計事務所ブリコルール 内資法人としてインドネシア進出(04/24)

西ジャワ州3県・市の業種別最低賃金が決定(04/24)

パナ、プロ用ミラーレス一眼カメラを販売へ(04/24)

商用車展示会、来年は3月5~8日に開催(04/24)

トラック通行規制、レバラン前後6日間実施(04/24)

レバランの公共交通利用者は前年比4%増に(04/24)

ビトゥン特区、中国企業と運営会社設立へ(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン