【ASEAN経済共同体】鉄鋼で表面化した保護主義:「中国だけ狙い撃ちできない」

【第8回】ASEAN(東南アジア諸国連合)経済共同体(AEC)の目指す「単一の市場と生産基地」がもたらすのは商機だけではない。インドネシアは貿易自由化によって国内産業が打撃を受けたり、海外からの人材流入により国民の雇用機会が奪われないかと懸念を強めている。非関…

関連国・地域: 中国台湾韓国ベトナムインドネシア日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

EV関連の大統領令を公布 21年に現地調達率35%以上へ(08/16)

EV普及で自動車部品会社3割が消滅か(08/16)

国産電動バイク、21年に現調率100%へ(08/16)

7月の貿易収支、3カ月ぶりの赤字に転じる(08/16)

みずほとOCBC、地場プルマタ銀を買収か(08/16)

PtoP事業、データセンター加入義務化へ(08/16)

AP1、韓国の仁川国際空港公社と協力事業(08/16)

MRTジャカルタとソウルメトロが協力覚書(08/16)

スマホ市場、中国OPPOが初の首位(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン