• 印刷する

《日系進出》不二製油が販社、18年に売上3千万ドル

油脂大手の不二製油(大阪府泉佐野市)は18日、フィリピンに新会社を設立すると発表した。油脂製品や製菓・製パン素材の販売を始める。2018年には売上高3,000万米ドル(約36億円)を目指す方針。生産拠点の設置も視野に入れている。

マニラ首都圏マカティ市にシンガポールの東南アジア統括会社フジオイル・アジアが100%出資する販売会社「フジオイル・フィリピン」を今月設立する。資本金は20万米ドルで、フィリピン人従業員3人体制で今年9月から営業を開始する予定。油脂製品の販売から始め、製菓・製パン素材であるクリームやチョコレート、マーガリンなどラインアップを広げる。

取扱製品はシンガポールやマレーシアといった近隣諸国の同社グループ会社から輸入する。18年に販売数量2万トン、売上高3,000万米ドルを目指す方針だ。

担当者は同日、NNAに対して、不二製油にとってフィリピンは成長市場であることに言及。「市況次第では生産拠点の開設も考えている」と明らかにした。

不二製油は1994年から子会社ニュー・レイテ・エディブル・オイル・マニュファクチャリング(NLM)を通じて、レイテ島で製菓原料となるヤシ油の生産工場を操業していた。しかし、同拠点は13年の大型台風ヨランダでほぼ全壊。14年4月に生産を撤退すると発表し、現在は事業活動を停止している。

15年3月期連結決算によると、不二製油の売上高は前期比7.5%増の2,719億300万円、本業のもうけを示す営業利益は同6.8%減の142億1,100万円。同社はチョコレート用油脂(CBE)で世界トップ3、コンパウンドチョコレートで世界6位のシェアを持つ。

伊藤忠商事が最多の株式を保有しており、出資比率は15年3月31日時点で23.96%となっている。


関連国・地域: マレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2630人、計29万9361人(09/25)

外出制限、一段の緩和に壁 マニラ首都圏、来月1日以降(09/25)

イロイロ市の外出制限、再び厳格化(09/25)

コロナ感染新たに2180人、計29万6755人(09/25)

民放ABS―CBN、ロペス名誉会長辞任(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

シェル、マランパヤガス田の権益45%売却へ(09/25)

経済区庁、登録企業の85%が事業再開(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン